ページ上部

服喪の範囲

服喪の対象となるのは?

服喪の対象となるのは、本人から見た2親等(父母、配偶者、祖父母、兄弟姉妹、子供)までが一般的です。
ですが、ご本人との絆が深く服喪したいお気持ちがあれば、一般的な範囲は関係なく出されても問題ありません。
大切なのは喪中とする気持ちです。